Baby Wearing ベビーウェアリングとは・・・

抱っこやおんぶで赤ちゃんとしっかり密着する
『ベビーウエアリング』

ジュポルト モンベベはベビーウェアリングで赤ちゃんに芽生える ママへの信頼感をもっとも大切なスタートと考えています。
生後すぐの赤ちゃんは、視力、聴力ともに未発達の状態です。
そんな赤ちゃんと抱っこを通しておかあさんが身体を密着させることは、とても大切なコミュニケーションのはじまりといえます。
第2の子宮と言われる袋状のスリングによりお腹の中と同じような状態での密着抱っこによって赤ちゃんの身体的成長、情緒的成長を促します。

密着することで、
母親の輪郭をぼんやりとでも見ること。
母親のにおいを感じること。
声を間近で聞くこと。
胎内でずっと聞いていた心臓の音を聴くこと。
母親の肌のぬくもりを感じること。

まさに五感すべてを使って赤ちゃんは、いちばん信頼できるおかあさんの存在を肌で覚えていくのです。

現代の子育ては便利なグッズやサービスが揃って、おかあさんにとってはちょっぴりラクチン。ベビーカーやクーハン、ベビーチェアなど頼れるアイテムは多いほど助かりますよね。
それでも、赤ちゃんにとって、いちばん嬉しいのは“おかあさんのぬくもり”に尽きるのではないでしょうか。

おかあさんにとっても、抱っこしてあげることでより赤ちゃんの体温や愛らしい表情、やわらかい肌に愛おしさを感じることができます。

また、赤ちゃんの発する小さなサインに気づくことで、母親としての自覚が芽生えてもいくでしょう。

そして、赤ちゃんは愛されている安心感、自信、親子のゆるぎない信頼関係を礎として、外の世界へと飛び出してゆけるのです。